城南信金が脱原発宣言

 原発推進の都知事を再選させた東京ではありますが、東京都品川区に本店がある城南信用金庫が、次のように「脱原発」を宣言しました。宣言は「ささやかではありますが」と言っていますが、どうして、本当に勇気ある宣言です。東京電力に総額2兆円も融資する三井住友や三菱東京UFJ銀行、みずほコーポレート銀行などのメガバンクやそれに類した銀行に貯金したり利用するのではなく、城南信金のような脱原発の金融機関を利用したいものです。

・城南信用金庫
 http://www.jsbank.co.jp/
・原発に頼らない安心できる社会へ
 http://www.jsbank.co.jp/topic/pdf/genpatu.pdf


原発に頼らない安心できる社会へ

城 南 信 用 金 庫

東京電力福島第一原子力発電所の事故は、我が国の未来に重大な影響を与えています。今回の事故を通じて、原子力エネルギーは、私達に明るい未来を与えてくれるものではなく、一歩間違えば取り返しのつかない危険性を持っていること、さらに、残念ながらそれを管理する政府機関も企業体も、万全の体制をとっていなかったことが明確になりつつあります。
こうした中で、私達は、原子力エネルギーに依存することはあまりにも危険性が大き過ぎるということを学びました。私達が地域金融機関として、今できることはささやかではありますが、省電力、省エネルギー、そして代替エネルギーの開発利用に少しでも貢献することではないかと考えます。
そのため、今後、私達は以下のような省電力と省エネルギーのための様々な取組みに努めるとともに、金融を通じて地域の皆様の省電力、省エネルギーのための設備投資を積極的に支援、推進してまいります。

① 徹底した節電運動の実施
② 冷暖房の設定温度の見直し
③ 省電力型設備の導入
④ 断熱工事の施工
⑤ 緑化工事の推進
⑥ ソーラーパネルの設置
⑦ LED照明への切り替え
⑧ 燃料電池の導入
⑨ 家庭用蓄電池の購入
⑩ 自家発電装置の購入
⑪ その他

以 上

原子力基本法改悪に断固抗議する緊急アピール