「自主的」避難の補償、前向きに検討~原賠審で初ヒヤリング

東京電力福島第1原発事故の賠償の枠組みを検討している文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会(会長・能見善久学習院大教授)は10月20日の第15回会合で、自主避難に関するヒヤリングを実施し、自主避難者に幅広く補償する可能性を示唆しました。OurPlanetTVの映像です。

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1254

〈タイム・スケジュール〉
1時間13分から瀬戸孝則福島市長
1時間40分から渡辺淑彦弁護士(浜通り法律事務所)
2時間10分から中手聖一さん(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク)
2時間25分から宍戸隆子さん(伊達市)

Video streaming by Ustream

原子力基本法改悪に断固抗議する緊急アピール