福島市、郡山市土壌汚染濃度 チェルノブイリに匹敵

9月28日付けの琉球新報に掲載された矢ヶ崎克馬氏の分析です。8月30日に文部科学省が発表した、福島県のセシウム汚染濃度をもとに分析。今後、5〜6年後に甲状腺疾病と甲状腺腫が急増することが予測されています。

琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-182154-storytopic-1.html

原子力基本法改悪に断固抗議する緊急アピール