デモにおける不当逮捕に対して抗議声明を発表する、「デモと広場の自由」のための共同声明、9月29日記者会見

2011年9月11日の素人の乱・新宿デモにおいて12名の逮捕者が出たことを受け、柄谷行人、鵜飼哲、小熊英二、雨宮処凜氏による記者会見が、9月29日午後、東京有楽町の外国人特派員協会で行われ、抗議声明文が発表されました。以下にその全文を掲載します。
また、「デモと広場の自由」のための共同声明サイトが立ち上がり、「生存の条件としての「デモと広場の自由」を実現する」ための全員呼びかけ人運動の呼びかけ人を募集しています。下記のサイトから、メールにて署名を送信することができます。
http://jsfda.wordpress.com/yobikake/

associations.jp事務局

共同声明

「デモと広場の自由」のための共同声明

3・11原発事故において、東京電力、経産省、政府は、被害の実情を隠し過小に扱い、近い将来において多数の死者をもたらす恐れのある事態を招きました。これが犯罪的な行為であることは明らかです。さらに、これは日本の憲法に反するものです。《すべて国民(people)は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する》(25条)。しかし、東京電力、経産省、政府はこの事態に対して責任をとるべきなのに、すでに片づいたかのようにふるまっています。

それに抗議し原発の全面的廃炉を要求する声が、国民の中からわき起こっています。そして、その意思がデモとして表現されるのは当然です。デモは「集会と表現の自由」を掲げた憲法21条において保証された民主主義の基本的権利です。そして、全国各地にデモが澎湃(ほうはい)と起こってきたことは、日本の社会の混乱ではなく、成熟度を示すものです。海外のメディアもその点に注目しています。

しかし、実際には、デモは警察によってたえず妨害されています。9月11日に東京・新宿で行われた「9 ・11原発やめろデモ!!!!!」では、12人の参加者が逮捕されました。You Tubeの動画を見れば明らかなように、これは何の根拠もない強引な逮捕です。これまで若者の間に反原発デモを盛り上げてきたグループを狙い打ちすることで、反原発デモ全般を抑え込もうとする意図が透けて見えます。

私たちはこのような不法に抗議し、民衆の意思表示の手段であるデモの権利を擁護します。日本のマスメディアが反原発デモや不当逮捕をきちんと報道しないのは、反原発の意思が存在する事実を消去するのに手を貸すことになります。私たちはマスメディアの報道姿勢に反省を求めます。

2011年9月29日
起草者:柄谷行人、鵜飼哲、小熊英二

.

Joint Statement

Joint Statement for the Freedom of Demonstration and Assembly

In the aftermath of the Fukushima Daiichi nuclear disaster, following the Tohoku earthquake and tsunami on March 11th, TEPCO, METI and the government have colluded in covering up the real situation and underplaying its damage. This may eventually claim many lives in the near future. Such behavior is clearly criminal. This is even unconstitutional. Article 25 states that ‘all people shall have the right to maintain the minimum standards of wholesome and cultured living’, yet while TEPCO, METI and the government should take responsibility for it, they behave as if all problems have already been solved.

Voices of protest among the people, demanding full nuclear decommissioning, are now growing ever large. Naturally such opinions are expressed in the form of street demonstrations. Organizing and joining a rally that is ‘freedom of assembly and association as well as speech, press and all other forms of expression’ is a fundamental democratic right, guaranteed by Article 21 of the Constitution. The groundswell of political protests all over Japan is testament not to confusion or disorder, but to the maturity of Japanese civil society. This is what overseas media are now taking notice of.

However, the reality is that the police are systematically obstructing the demonstrations. During the ‘Genpatsu Yamero (No Nukes)’ rally in Shinjuku on September 11th, 12 participants were arrested. As movies uploaded to YouTube and other media testimonies show, these are coercive arrests without any reasonable grounds. Their true intention, of repressing all anti-nuclear demonstrations by targeting the particular group that has successfully organized rallies with young people, is apparent.

We condemn this injustice and support the people’s right to demonstration as part of the freedom of expression. Japanese mass media are complicit in concealing the fact that mass dissent against nuclear reactors exist, by neglecting to report the anti-nuclear protests or the malicious arrests in their coverage. We also call on the mass media to reflect on their news policies.

Video streaming by Ustream

Video streaming by Ustream

・東京・新宿の脱原発デモ:参加者逮捕に抗議、柄谷さん会見 デモは市民の基本的権利だ:毎日新聞
http://mainichi.jp/enta/art/news/20111004dde018040056000c.html
・脱原発デモ「抑圧に抗議」 参加者逮捕で柄谷さんら:47NEWS
http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011092901000811.html
・柄谷行人ら、脱原発デモ参加者の逮捕を批判:朝日新聞
http://associations.jp/20111007-2

原子力基本法改悪に断固抗議する緊急アピール