被曝から身を守るために──福島原発事故の即時の影響と後発性の影響──

ミッシェル・フェルネックス

原子力産業を推進する国際機関IAEAによる福島への査察が明春予定されています。日本政府はIAEAの評価を事故終息に向けて利用することが予想されます。ここに掲載するのは、NPO「チェルノブイリ/ベラルーシーのこどもたち」(ETB)の創設者であるスイス人医学者ミシェル・フェルネックスによる、IAEA批判および長期にわたる放射能の影響から自ら身を守るための提言です。

全文はこちらから:FERNEX 2apJAP(PDF)pdficon_large

原子力基本法改悪に断固抗議する緊急アピール