イタリアの国民投票、9割超「再開にノー」

イタリアで、原発再開の是非を問う国民投票が2011年6月12、13日の2日間に渡っておこなわれた。再開反対が94%と圧勝したし、原発再開を目指していたベルルスコーニ首相は13日の記者会見で「原発よ、さようなら。これからは持続可能な自然エネルギーの時代だ」と敗北を認めた。

5月29日、サッカーイタリア杯決勝戦。「原発を閉鎖しよう」と呼びかける巨大横断幕が競技場に掲げられた。


原子力基本法改悪に断固抗議する緊急アピール